【画像】鬼滅の刃が新聞に!キャラクターやセリフを一覧にをまとめてみた!

鬼滅の刃 全国紙 セリフ キャラクター 画像 一覧 まとめ




社会現象をもたらした『鬼滅の刃』ですが、2020年12月4日発売の23巻をもって完結します。

 

この最終巻の発売を記念して、全国紙5紙の4日の朝刊に鬼滅のキャラクターが全面広告で掲載されています!

 

そこで今回は、全国紙をジャックした鬼滅の刃のキャラクター画像やセリフについてまとめものをお伝えします!

 

少しネタバレ要素を含みますので、ご注意ください!

 




【画像】鬼滅の刃が新聞に!キャラクターやセリフのまとめ一覧!

 

各誌の掲載は3人ずつで、以下の通りです。

読売新聞 竈門炭治郎 栗花落カナヲ 悲鳴嶼行冥
朝日新聞 我妻善逸 竈門禰豆子 時透無一郎
毎日新聞 冨岡義勇 胡蝶しのぶ 宇髄天元
産経新聞 嘴平伊之助 不死川玄弥 不死川実弥
日本経済新聞 煉獄杏寿郎 甘露寺蜜璃 伊黒小芭内

 

一人ずつセリフや画像をお伝えしていきます^^

 

竈門炭治郎(かまど たんじろう)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

鬼滅の刃の主人公である炭治郎は、読売新聞に掲載されています。

 

穏やかな炭治郎の表情がほっこりさせてくれます^^

 

炭治郎のセリフは、

『人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!』です。

 

このセリフは、第53話『君は』の章で、蝶屋敷で訓練を終えた炭治郎が、カナヲに贈った言葉

頑張れ!!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!

の抜粋部分ですね!

 

なんか刺さりますね・・・

 

今の世の中に贈りたい言葉のような気もします。

 

竈門禰豆子(かまど ねずこ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

炭治郎の妹で鬼になりながらも鬼殺隊と鬼討ちに参加する禰豆子は朝日新聞に掲載されています。

 

禰豆子のセリフは

『大切なのは”今”なんだよ』です。

 

これは、第92話で妓夫太郎との戦いで気を失ってしまった炭治郎の心の中に現れた禰豆子が言い放ったセリフ

幸せかどうかは自分で決める 大切なのは”今”なんだよ 前を向こう 一緒に頑張ろうよ 戦おう

の抜粋部分ですね!

 

なんか泣けてくるのは私だけでしょうか(笑)

 

我妻善逸(あがつま ぜんいつ )

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

炭治郎と一緒に鬼殺隊として戦う、ちょっと頼りなくもある善逸は朝日新聞に掲載されています。

 

満面の笑みですよね(泣)

 

善逸のセリフは

『俺は自分が信じたいと思う人をいつも信じた』です。

 

このセリフは第4巻の26話の場面で、これまで多くの人に騙されてきた善逸が、禰豆子という鬼を連れた炭治郎のことを思いながら心の中でつぶやくセリフです。

 

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

イノシシの被り物でお馴染みの伊之助は産経新聞に掲載されています。

 

伊之助のセリフは、

『俺は動き出す 猪突猛進をこの胸に!!』です。

 

このセリフは第9巻76話のセリフで、約束通りに来ない炭治郎にしびれを切らした伊之助が言い放った言葉です。

 

伊之助は『猪突猛進』が口癖のようなところがありますが、このセリフはまた一味違いますね!

 

栗花落カナヲ(つゆり かなを)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

胡蝶しのぶの「継子」であるカナヲは、読売新聞に掲載されています。

 

しゃべるシーンは本当に少ないですが、とってもかわいいですよね!

 

カナヲのセリフは

『一人じゃ無理だったけど仲間が来てくれた』です。

 

このセリフは163話で、伊之助と力を合わせてやっとのことで童磨を倒したときのカナヲのセリフ

姉さんに言われたとおり仲間を大切にしていたら 助けてくれたよ

一人じゃ無理だったけど仲間が来てくれた

の部分です。

 

炭治郎に会ってから、カナヲはどんどん変わっていきましたよね^^

 

不死川玄弥(しなずがわ げんや)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

不死川実弥の実弟で血鬼術が使える唯一の剣士、不死川弦弥は産経新聞に掲載されています。

 

不死川玄弥のセリフは

『兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように俺も兄ちゃんを守りたかった』です。

 

このセリフは第179話で玄弥が命が尽きる時に、実兄である実弥に残したセリフです。

 

もぅこのシーンは涙が止まりません、、、

 

ここのセリフの全文は

兄ちゃん…が…俺を…守ろうと…してくれた…ように…俺も…兄…ちゃん…を…守り…たかった…。同じ…気持ち…なん…だ…。兄弟…だから…。つらい…思いを…たくさん…した…兄ちゃん…は…幸せに…なって…欲しい…。死なないで…欲しい…。俺の…兄ちゃん…は…この世で…一番…優しい…人…だから…。

です。

 

素敵すぎる兄弟愛ですね(泣)

 

水柱・冨岡義勇(とみおか ぎゆう)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

いつもクールな印象の義勇さんは、毎日新聞に掲載されています。

 

義勇のセリフは

『もう二度と目の前で家族や仲間を死なせない』です。

 

このセリフは第154話で、猗窩座と対峙しながらも限界が近づく義勇が亡き姉と親友を脳裏に浮かべながら心の中でつぶやくセリフです。

 

いつもクールで冷静な義勇さん、とってもかっこいいです♡

 

蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

柱の中で、唯一鬼の頸をきらないしのぶは、毎日新聞に掲載されています。

 

『きっと君ならできますから』です。

 

このセリフは第24話で機能回復訓練に励む炭治郎に放ったセリフ

それから君には、私の夢を託そうと思って。そう、鬼と仲良くする夢です。きっと君なら出来ますから

の部分ですね。

 

なんか独特のトーンで話すしのぶさん、昔は口調が違ったんですよね・・・。

 

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

現在公開中の劇場版鬼滅の刃『無限列車編』のスターとも言える煉獄さんは、日本経済新聞に掲載されています。

 

煉獄さんのセリフは

『俺は信じる 君たちを信じる』です。

 

これは、第66話で炭治郎と善逸、伊之助の3人に遺した最期の言葉で

竈門少年、猪頭少年、黄色い少年、もっともっと成長しろ。そして、今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる、君たちを信じる。

の部分です。

 

もぅ、涙が止まりません、、、

 

ものすっごくかっこいい煉獄さん、劇場版をまだの方はぜひ見てください!!!!

 

音柱・宇髄天元(うずい てんげん)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

派手好きで地味なことが大嫌いな宇随さんは、毎日新聞に掲載されています。

 

宇随さんのセリフは

『恥じるな 生きてる奴が勝ちなんだ』です。

 

このセリフは第9巻の『それぞれの思い』の章で言い放つ

恥じるな 生きてる奴が勝ちなんだ 機会を見誤るんじゃない

の部分です。

 

宇随さんは身長が198cmもあるって知ってました?(笑)

 

霞柱・時透無一郎(ときとう むいちろう)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

柱の中では最年少の無一郎は、朝日新聞に掲載されています。

 

無一郎のセリフは

『僕は幸せになるために生まれてきたんだ』です。

 

このセリフは第179話の

「僕が何の為に生まれたかなんてそんなの自分でちゃんとわかってるよ

僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」

の部分です。

 

死んでしまった無一郎を迎えにきた兄の有一郎が、まだ死んでほしくなかった無一郎に対してはなったセリフです。

 

ここも美しい兄弟愛です( ノД`)シクシク…

 

恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

天真爛漫で感情豊かな蜜璃は日本産経新聞に掲載されています。

 

蜜璃のセリフは

『また人間に生まれ変われたら私のことお嫁さんにしてくれる?』です。

 

このセリフは最終巻23巻で無惨と決着をつけた時に、蜜璃が最期に伊黒に告白をするシーンの

「伊黒さん、伊黒さん。お願い。生まれ変われたら、また人間に生まれ変われたら……私のこと、お嫁さんにしてくれる?」

「勿論だ。君が俺でいいと言ってくれるなら。絶対に君を幸せにする。今度こそ死なせない。必ず守る……」

の部分です。

 

これ後に紹介する伊黒さんと蜜璃の二人が一面を並んで飾っています。

 

これ見ただけで涙がでます・・・。

 

伊黒さんの方が、蜜璃にベタ惚れだったけど絶対に口に出すことはなかったんですよね(笑)

 

こんな形で実るなんて悲しすぎます、、、

 

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

いつも涙を流している印象が強い行冥さんは、読売新聞に掲載されています。

 

行冥さんのセリフは

『誰が何と言おうと私は君を認める』です。

 

このセリフは第135話で柱稽古を受ける炭治郎に行冥が言い放ったセリフ

疑いは晴れた。誰が何と言おうと私は君を認める。竈門炭治郎。

の部分です。

 

とても感動的なシーンです!

 

蛇柱・伊黒小芭内(いぐろ おばない)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

白蛇を首に這わせたのが特徴的な伊黒さんは、日本経済新聞に掲載されています。

 

伊黒さんのセリフは

『今度は必ず君に好きだと伝える。』です。

 

このセリフは、第188話で無惨との闘いの中で伊黒さんに死なないでと心配する蜜璃に対して、伊黒さんが思い描いたありえない未来を想像するシーンのものです。

 

鬼のいない平和な世界で、もう一度人間に生まれ変われたら今度は必ず君に好きだと伝える。

の部分ですね。

 

なんて切ない。。。

 

風柱・不死川実弥(しなずがわ さねみ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@pyonkclife)がシェアした投稿

 

玄弥の兄であり、言動が短気である実弥は、産経新聞に掲載されています。

 

実弥のセリフは、

『テメェは本当にどうしようもねぇ弟だぜぇ』です。

 

このセリフは第166話の無限城で上弦の壱・黒死牟から玄弥を守ったときの実弥のセリフです。

 

本当はものすごく弟想いの兄だったんですよね!

 

テメェは本当に、どうしようもねぇ弟だぜぇ。何の為に俺がァ母親を殺してまでお前を守ったと思ってやがる!!

 

このセリフからも伝わってきますよね!

 

ここでも兄弟愛がしっかり描かれています。

 

まとめ

 

今回は、鬼滅の刃23巻の最終巻の発売を記念して、全国紙をジャックした鬼滅の刃のキャラクターとそのセリフ一覧を紹介しました。

 

15人のそれぞれのセリフに込められた想い・・・

 

時代背景は古くとも、現世にしっかり響くものがありましたね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!